自動車の車種選びとそのセオリー

売れている自動車はエコカー車種。

今、人気の車種と言えばやはりエコカーです。
エコカー補助金や減税、免税の影響で売れたのもありますが、エコ意識の高まりや経済性を考える人が増えたこともその要因でしょう。
車両本体の低価格化も進んでいますし、乗り心地や装備の充実もあり、ユーザーに十分な満足感を与えています。
さて、エコカーと言えば、まずはハイブリッド車です。
かなり普及が進んでおり、1リットルあたり30キロ代後半の低燃費を実現させている自動車もあります。
高級車やミニバンのハイブリッド車も増え、今後も人気が高まりそうです。

そして電気自動車も性能が向上しつつあります。
一度の充電で走行可能な距離も伸びつつあり、価格面の方も落ち着いてきました。
全くガソリンを使わないことから、距離と価格の課題がさらに改善されれば、かなり売れるようになるでしょう。
また、プラグインハイブリッド車も徐々に浸透しつつあります。
電気で走り、バッテリーが空になればガソリンで走るというもので、燃費を平均すると1リットルあたり60キロにもなります。

そして最後に忘れてはならないのが、ガソリンの低燃費車です。
ガソリンエンジンの性能を向上させることで、1リットルあたり30キロほどの車種もあります。
軽自動車とコンパクトカーが主ですが、価格面では他のエコカーよりも割安で、使い方によってはトータルコストも安く済みます。
実用性を考えると、現状では最も使えるのがガソリンの低燃費車と言えるでしょう。

お役立ち情報