自動車の車種選びとそのセオリー

最近の自動車の車種の一部にはあるものがありません

自動車は安全に走れるようにするために数多くの安全装置などが搭載されています。
また万が一故障などが発生したときに備えていろんな救援道具も搭載されています。
そんないろんな事態を考えて搭載された数多くの安全装置や救援装備でありますが、最近のクルマでは同時に軽量化とコストダウンの両方も求められる傾向にあるため、車種の一部ではあるモノが廃止されるようになったのであります。

その自動車の一部の車種で廃止されたあるモノでありますが、それはスぺヤタイヤであります。
そのスペアタイヤというのは文字通り予備のタイヤのことでありまして、大抵は車のトランクの内部とか床下とかなどに装備されています。
そしてそのタイヤは普通のタイヤに比べて一回りサイズも幅も小さいのですが、万が一どれかのタイヤがパンクしたりなどして自力で動けなくなった時にはこのスペアのタイヤと交換して普通のタイヤを装備してくれる販売店や修理屋まで動けるようにするのです。

しかしながらなぜ最近の一部の車種で廃止されたのかというと、それはスペアのタイヤの代わりに応急パンクセットが搭載されたためです。
その応急パンクセットというのは穴が開いた部分にそれの部品を貼り付けるなどして応急処置をするためのアイテムなのです。
これだとタイヤを交換するよりも手軽に応急修繕できるし、スペアタイヤを格納するためのスペースを作らないで済むし、車が軽量化されて省エネルギー対策にも貢献できるというメリットもあるのです。
ただしこの応急パンクセットというのは地面に設置している側には有効な対策ですが、横の部分がやられた場合には今のところはあまり使えないというデメリットもあるのです。
なのでその際には救援隊に依頼するのがベストな選択であるかもしれません。

お役立ち情報